【ぼったくり】arrows N (F-51C) 発表。Snapdragon 695で10万円の逆価格破壊スマホ

arrows n f 51c 高いスマートフォン
この記事は約3分で読めます。

arrows Nのスペック

arrows n f 51c 高い

先日、FCNT(富士通コネクテッドテクノロジーズ)から発表されたスマートフォン「arrows N F-51C」は、SoCにSnapdragon 695 5Gを搭載。

このSoCはAntutu 35万点前後のローエンドスペック。とはいえ、SNSや動画視聴等の普段使い程度ならこなせるパフォーマンスを持ちます。

RAM8GB / ROM128GBと容量はそこそこ。メモリ規格は不明ですが、おそらくLPDDR4X / UFS2.2でしょう。

ディスプレイは6.24インチのコンパクトサイズで解像度FHD+AMOLEDパネルを採用。何気にリフレッシュレート120Hzも対応。(可変式ではない)

カメラは50MP(広角)+8MP(超広角)のデュアル構成、メインカメラにはOV50Aを搭載。

センサーサイズ1/1.55インチ・ピクセルサイズ1.0μmで、先代モデル(F-52A)に比べて1.65倍の集高性能になったとのこと。

バッテリー容量は4600mAh。本体サイズがコンパクトな割に、バッテリーは結構大きめですね。

価格は98,780円の超ぼったくり

arrows n f 51c 高い

全体的に見て、arrows Nはミドルレンジ程度のスペックと言えます。

しかし、価格は98,780円。ハイエンドスマホと同レベルの価格でありながら、ミドルレンジスペックという逆価格破壊のぼったくりです。

ライバルのXperia 10 IVが6.4万円AQUOS Sense7が5.5万円。中華メーカーでは、Redmi Note 11 Proが4.5万円oppo Reno 7Aも4.5万円

これらの機種はarrows Nと同じSnapdragon 695 5Gを搭載しており、スペックも同等レベルです。

つまり何が言いたいかというと、arrows Nなんか買うくらいなら他社を買ってください。

もしくは、arrows Nと大体同じ価格でiPhone 13やGalaxy S22が買えます

これらは超大手メーカーのAppleとSAMSUNGが作っていますから、FCNT製のarrows Nとは完成度やソフトウェアの作りこみが別格ですし、同じ値段を出すなら絶対にこっちを買いましょう。


参考 : www.fmworld.net

arrows n f 51c 高い / arrows n 高すぎる / arrows n f 51c ぼったくり