【RYYB & F1.4】Mate 50 Pro / Mate 50 RS発表! スペック・価格・発売日まとめ!

huawei mate 50 proHUAWEI
この記事は約4分で読めます。

Mate 50 Proのスペック・価格・発売日

OSHarmony OS
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
RAM/ROM12GB / 256GB-512GB
メモリ規格LPDDR5 / UFS3.1
ディスプレイ6.74インチ / FHD+ / OLED / 120Hz
カメラ50MP / 13MP / 64MP
(広角/超広角/望遠)
インカメラ13MP
バッテリー / 充電速度4700mAh / 66W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量205g
防水防塵規格IP68
対応バンド 5G非対応
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41
対応バンド 3G不明
Antutu ver.91,080,000点
価格139,000円
発売日2022年 9月21日

可変絞り対応のトリプルカメラ

huawei mate 50 pro 発売日

Mate 50 Proは50MP+13MP+64MPのトリプルカメラを搭載し、メインカメラにはF1.4~F4.0の可変絞りに対応しています。

さらに、HUAWEI独自技術であるRYYBカラーフィルターも搭載。

RYYBは一般的なRGGBよりも取り込める光量が+40%増え、主に低照度において効果を発揮します。

RYYBカラーフィルターは高感度性能が上がる半面、RGGBと比べて色味がおかしくなる問題を抱えていました。

今回のMate 50シリーズで そのあたりの問題が解決していることを期待したいですね。

また、HUAWEIはイメージセンサー名を公表しておらず、Mate 50 Proのメインカメラのセンサーは不明。(おそらくIMX766)


超広角・ペリスコープの仕様は基本的にHUAWEI P50 Proと同じ。

ペリスコープは光学3.5Xズーム、最大で100Xデジタルズームが可能です。

ピクセルビニング時で画素数16MPの写真を出力し、スマホの中では最強のズーム性能を誇ります。

Snapdragon 8+ Gen 1搭載

huawei mate 50 pro 発売日

Mate 50 Proのリーク情報ではSnapdragon 8 Gen 1を搭載すると言われていましたが、実際には上位のSnapdragon 8+ Gen 1を搭載。

8+ Gen 1は省電力性が大幅に改良されたモデル。8 Gen 1搭載と聞いて落胆した人も多いでしょうから、これはメチャクチャ嬉しいサプライズ!

Mate 50 RSのスペック・価格・発売日

OSHarmony OS
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
RAM/ROM12GB / 256GB-512GB
メモリ規格LPDDR5 / UFS3.1
ディスプレイ6.74インチ / FHD+ / OLED / 120Hz
カメラ50MP / 13MP / 64MP
(広角/超広角/望遠)
インカメラ13MP
バッテリー / 充電速度4700mAh / 66W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量235g
防水防塵規格IP68
対応バンド 5G非対応
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41
対応バンド 3G不明
Antutu ver.91,080,000点
価格265,000円
発売日2022年 9月21日

マクロペリスコープ搭載

huawei mate 50 pro 発売日

Mate 50 RSはお馴染みのポルシェコラボデザインで、基本スペックはMate 50 Proと同様です。

違いは主にカメラで、Mate 50 RSだとマクロペリスコープを搭載。

HUAWEIは「業界初のデュアルミラークラスタロングストロークスライドテクノロジー」と謳っています。

また、HUAWEIの新しい画像技術である「XMAGE」ですが、現状ではいくつかの写真モード(色味とかが変わる)が紹介されただけ。

今回の発表会でも、具体的に搭載した機能などの説明はありませんでした。

huawei mate 50 pro 発売日
huawei mate 50 pro 発売日
huawei mate 50 pro 発売日

参考 : weibo.com

この記事は参考になりましたか?