【最新情報】OPPO X 2022のデザインがリーク!

oppo
この記事は約3分で読めます。

OPPO X 2022のデザインリーク

2020年11月、oppoは自社初のローラブルスマホ、「OPPO X 2021」を発表しました。

そして2021年11月、大手メディアであるLetsGoDigitalは、新型ローラブルスマホ「OPPO X 2022」のレンダリング画像を公開。


oppo x 2021 価格

上記の画像はLetsGoDigitalとTechnizo Conceptが共同で制作したもの。

LetsGoDigitalによれば、このデザインはOPPOが取得した特許情報をベースとして作られているとのこと。

また、OPPO X 2021はGalaxy Z Fold3と同じような “タブレットサイズ” に変化するモデルでしたが、OPPO X 2022はZ Flip3のような、“スマホが半分くらいに小さくなる” タイプですね。

インカメラは画面下?

oppo x 2021 価格

よく見てみると、このスマホにはインカメラがありません。

画面を巻き取る都合上、インカメラを搭載するには上部のベゼルを極太にするか、画面下インカメラを搭載するかの2択。

ベゼルを太くする場合は見た目がダサくなるため、おそらく採用されることは無いでしょう。

となると、必然的に画面下インカメラに絞られます。
OPPOは画面下インカメラの開発を公表しているものの、現状では その技術を利用したスマホは未発売。

しかし、それはあくまで “現状” の話です。
OPPO X 2022が発売される頃には、OPPOのスマホで画面下インカメラを実用化している可能性もあります。

性能はミドルハイレンジくらい?

oppo x2021

OPPO X 2022の構造の欠点は、内部空間が狭いこと。

まず、OPPO X 2022の構造だと冷却システムは小さいものになってしまうため、発熱が大きなハイエンドSoCを搭載するのは厳しいです。

さらにバッテリー容量も小さいので、ハイエンドSoCでは消費電力が激しく、電池持ちが懸念されます。

このことから、OPPO X 2022が発売された場合、性能はミドルハイレンジクラスになると予想しています。(これは私個人の予想です)


参考 : nl.letsgodigital.org

この記事は参考になりましたか?