【最強のHDR性能】Vivo X70 Pro+実機購入レビュー!

全ての記事
この記事は約10分で読めます。

Vivo X70 Pro+レビュー

vivo x70 pro plus レビュー

Vivo X70 Pro+は2021年9月17日に発売されたフラッグシップスマホ。

現状最強レベルのカメラ性能が特徴で、スマホ好きから非常に高い評価を得ているモデルです。

公式の価格は99,500円ですが、私はAliexpressで中国版を10.5万円で購入しました。

(vivo公式サイトよりもAliのほうが使い慣れているため、割高でもAliで買いたかった)

主なスペック一覧

OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888+
RAM/ROM8GB-12GB / 256GB-512GB
メモリ規格LPDDR5 / UFS 3.1
ディスプレイ6.78インチ / WQHD+ / LTPO AMOLED / 120Hz
カメラ50MP / 48MP / 12MP / 8MP
(広角/超広角/深度/望遠)
インカメラ32MP
バッテリー / 充電速度4500mAh / 55W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量209g
防水防塵規格IP68
対応バンド 5Gn1 / n3 / n5 / n8 / n28 / n38 / n40 / n41 / n77 / n78 / n79
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B19 / B20 / B26 / B28 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42 / B66
対応バンド 3GB1 / B2 / B4 / B5 / B8
Antutu876,000点
価格99,500円~
発売日2021年 9月

Origin OSについて

vivo x70 pro plus レビュー

vivoのスマートフォンでは、カスタムUIの「Origin OS」を搭載しています。

Origin OSはスマホ界屈指の「カスタマイズ性」を備えており、アンビエントライティングやAODなど、カッコいい機能がいろいろあります。(それについては後で詳しく)

しかし、Origin OSには重大な欠点が。

重大な欠点

Origin OS最大の欠点は、「通知が来ない」こと。

例えば、LINE・フリマアプリの通知はほぼ来ず、さらにはvivoオリジナルの「時計アプリ(タイマーやアラーム)」すら通知が来ないことがあります。

中華スマホで通知が来ないなんてことはよくある話ですが、vivoのスマホは特にひどいです。

vivoのスマホを購入するつもりであれば、通知が一切来なくてもいいという覚悟を持たなければなりません。


ちなみに、WiFiをオンオフすると溜まっていた通知が一気に来ます

私自身もいろいろな対策を試してみましたが、WiFiオンオフは最も効果的でした。

優れたカスタマイズ性

vivo x70 pro plus 購入

Origin OSは非常にカスタマイズ性が高く、「アンビエントライティング」「ロック解除時アニメーション」「指紋 / 顔認証アニメーション」「充電アニメーション」など、様々な要素が用意されています。

この中でも私がおすすめしたいのは、「音楽再生時のアンビエントライティング」。

これは音楽再生中に画面側面が光るというエフェクトですが、言葉だけだとわかりにくいのでサンプルをTwitterに載せています。

サンプルはこちら

(基本的に、音楽再生時のアンビエントが使えるアプリは、vivoオリジナルの「iMusic」のみ)

vivo x70 pro plus japan

アンビエントライティングには、音楽再生時のアンビエント以外にも「通知が来たときのアンビエント」「着信時のアンビエント」の2種類があります。

アニメーション一覧

【指紋認証】

vivo x70 pro plus japan

【顔認証】

vivo x70 pro plus japan

【ホーム画面に移るとき】

vivo x70 pro plus 価格

【ロック解除時】

vivo x70 pro plus 価格

【充電】

vivo x70 pro plus 価格

【USB挿入時】

vivo x70 pro plus スペック

【画面オン・オフ時】

vivo x70 pro plus スペック

Always On Display (AOD)

vivo x70 pro plus スペック

Origin OSはAODの豊富さも魅力のひとつ。

現状では初期状態で19種類のAODがあり、マーケットからダウンロードすることでさらに増やすことができます。

バッテリー持ちは微妙

X70 Pro+はE5素材を採用した低消費電力ディスプレイを搭載していますが、実際に使っていると意外にバッテリー持ちは微妙でした。

普段使い程度なら特に気になることは無いものの、私のようにカメラを多用する人だと丸1日使えるかどうか怪しいです。

ディスプレイについて

vivo x70 pro plus グローバル版

X70 Pro+はvivo初のE5素材を採用した、LTPO AMOLEDパネルを搭載。

画面サイズは6.78インチWQHD+リフレッシュレート120Hz10bitカラーもサポートしています。

ディスプレイスペックに不満は一切ありません。しかし、6.78インチはデカいです。

フィンガーリング(スマホリング)を付けていれば大した問題ではありませんが、リングなしだと片手操作は不可能

どれだけ頑張っても画面の角に手が届かないので、片手操作派の人はフィンガーリング必須です。

カメラ性能について

vivo x70 pro plus グローバル版

X70 Pro+は50MP(広角)+48MP(超広角)+12MP(深度 / 中間望遠)+8MP(望遠)のクアッドカメラ構成。

メインカメラはGN1 / f1.57、超広角はIMX598 / f2.2、深度はIMX663 / f1.6、望遠はOV08A10 / f3.4

X70 Pro+の魅力はHDR性能で、メインカメラはもちろんのこと、超広角・深度・望遠の全カメラでかなりHDR処理が効きます。

HDRについてもTwitterにサンプルを載せているので、ぜひ参考にしてください。

メインカメラ・超広角カメラのHDRサンプル

深度・ペリスコープ望遠のHDRサンプル

もちろん、他のメーカーでもHDRが強い機種はたくさんあります。

しかし、メイン・超広角・深度・望遠の全てのカメラがチューニングされているモデルは非常に珍しく、X70 Pro+は「HDR最強のスマホ」と自信を持って言うことができます。

全カメラHDRサンプル

【メインカメラ】

↓↓↓HDR処理前↓↓↓

vivo x70 pro plus レビュー

↓↓↓HDR処理後↓↓↓

vivo x70 pro plus レビュー

【超広角カメラ】

↓↓↓HDR処理前↓↓↓

vivo x70 pro plus レビュー

↓↓↓HDR処理後↓↓↓

vivo x70 pro plus レビュー

【深度カメラ】

↓↓↓HDR処理前↓↓↓

vivo x70 pro plus レビュー

↓↓↓HDR処理後↓↓↓

vivo x70 pro plus 購入

【ペリスコープ望遠カメラ】

↓↓↓HDR処理前↓↓↓

vivo x70 pro plus 購入

↓↓↓HDR処理後↓↓↓

vivo x70 pro plus 購入

長時間露光機能が面白い

vivo x70 pro plus 購入

X70 Pro+には「長時間露光機能」が付いており、車や光の軌道を撮影したり星の軌道を撮影したりなど、簡単に映える写真を撮ることができます。

試しに「ナイトグラフィティモード」を使ってみたのが以下の画像。

vivo x70 pro plus 購入

ナイトグラフィティはデフォルトで8秒の露光時間があり、その間に「X70」「Pro+」という文字列を書いてみました。

8秒も露光時間があるのでまあまあ手振れしますが、そこはOISとソフトウェアが補正し、ほとんどブレていない写真撮影が可能。


vivo x70 pro plus レビュー

こちらは「滝モード」で撮影した写真。(露光時間8秒)

滝モードは主に昼の撮影用に作られており、滝や川などの流水の軌道を捉えます。

かなり完成度が高く、素人でも簡単にそれっぽい写真が撮れるのが魅力ですね。

(身近なところに滝や川が無いので、ナイアガラの滝で代用しています)

夜景モードサンプル

ここからは、夜景モードで撮影した写真サンプルを紹介します。

サンプル写真はサイトのスピードを速くするために画質を落としていますが、画像をクリックすることで「撮ったまんまの高解像度な写真」を見ることができます。

メインカメラ

vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus レビュー

超広角カメラ

vivo x70 pro plus レビュー
vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入

深度 (2X中間望遠) カメラ

vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入

ペリスコープ望遠カメラ

vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入
vivo x70 pro plus 購入

ZEISS監修のポートレート

X70 Pro+のカメラレンズにはZEISS T*コーティングが施してあります。

他のスマホよりもレンズフレア・ゴーストが抑えられ、特に夜景撮影において大きな効果を発揮。

また、ZEISSとのコラボはレンズだけでなく、ポートレート撮影にもオリジナル機能が追加されています。


vivo x70 pro plus japan

Biotar : 楕円形の玉ボケが特徴で、被写体を中心に回転しているようなエフェクト。


vivo x70 pro plus japan

Sonnar : 滑らかな玉ボケ


vivo x70 pro plus japan

Planar : 楕円形の玉ボケ。Biotarに近いが、回転が弱め。


vivo x70 pro plus japan

Distagon : 普通の玉ボケ。玉ボケのサイズが小さい。

パノラマ撮影も強い

X70 Pro+では「標準パノラマ」「スーパーパノラマ」の2種類があります。

スーパーパノラマモードでは強力なHDRや夜景撮影をサポートし、白飛び・黒潰れを極限まで抑えたパノラマ写真を撮影できます。

とりあえず、標準とスーパーの比較をご覧ください↓

vivo x70 pro plus japan

標準だと証明が白飛びしていますが、スーパーだとHDRが効くため、照明の白飛びはかなり抑えられていますね。

私自身、ここまで差が出るとは思っていませんでした。

スーパーパノラマはあらゆる場面で活躍できる機能なので、標準パノラマ機能は不要なんじゃないかと思ってしまいます。


スーパーパノラマサンプル写真

(画像をクリックすると高画質な写真を見ることができます)

vivo x70 pro plus japan
vivo x70 pro plus japan

まとめ

Vivo X70 Pro+の良いとこ悪いとこ

良いところ
・トップクラスのSoC性能
・E5・LTPO AMOLEDパネル搭載
・全カメラOIS (超広角はジンバル)
・全カメラで強力なHDR
・完成度の高い長時間露光機能
・T*コーティング & ZEISSポートレート
・HDR・夜景に強いパノラマ

悪いところ
・ずっしり重たい


参考 : www.vivo.com.cn

この記事は参考になりましたか?