【価格は据え置き?】Google Pixel 9シリーズの最新情報まとめ

pixel9pro
    目次

    2024年のGoogle Pixel 9シリーズは全4機種?

    pixel9 リーク

    2024年、Google Pixel 9シリーズは4種類のモデルで展開される可能性があります。

    ついに、フラッグシップのGoogle Pixelにも、コンパクトサイズながら望遠レンズを搭載したモデルが登場します。

    今回発売されるPixel 9シリーズは、画面サイズが小さめの「Pixel 9」高性能でコンパクトな「Pixel 9 Pro」、そして大画面の「Pixel 9 Pro XL」の3機種で構成されます。

    これまで、高画質カメラを求めるには最上位モデルを選ぶ必要がありましたが、最上位モデルは画面サイズが大きく、デカすぎて使いにくいと感じるユーザーも少なくありませんでした。

    しかし、Pixel 9シリーズでは、ラインナップに小型サイズのPixel 9 Proが追加され、カメラ性能と使いやすさを両立したモデルがついに登場することになります。

    また、Google Pixelシリーズの折り畳みモデル「Pixel Fold」は、後継機種が今年中に発売すると言われています。

    後継機のネーミングは「Pixel Fold 2」だと言われていましたが、新たなリークによって「Pixel 9 Pro Fold」という名前が付けられる可能性が示唆されています。

    仮にこの名前が採用されたとすれば、2024年にGoogleが発売するPixel 9シリーズは、全部で4機種存在することになります。

    2025年発売のPixel 9aも含めれば、Pixel 9シリーズは全5機種になるでしょう。

    2024年のPixel 9シリーズラインナップ一覧

    • Pixel 9:小型で安価なモデル
    • Pixel 9 Pro:高性能モデル、コンパクトサイズ
    • Pixel 9 Pro XL:大画面モデル、Pixel 9 Proより少し性能が良い可能性
    • Pixel 9 Pro Fold:折り畳みスマホ

    Google Pixel 9シリーズのデザイン

    Pixel 9

    pixel9 リーク

    全体的にフラットなデザイン

    2024年秋発売予定のGoogle Pixel 9は、デザインを一新し、より洗練された外観に生まれ変わります。

    リーク情報によると、フレーム、背面、ディスプレイ、カメラユニット全てがフラットなデザインを採用するようです。

    このデザインは、近年主流となっているフラットデザインを取り入れつつも、カメラユニットの存在感を高めることで、Google Pixelらしい独自の個性を演出しています。

    一方で、このフラットなデザインは、ライバルであるAppleのiPhone 14シリーズやSAMSUNGのGalaxy S23シリーズと共通する点も見受けられます。

    これは、Googleが競争力を維持するために、市場のトレンドを取り入れた可能性が高いと考えられます。

    丸みを帯びた角で持ちやすい?

    四隅の角は丸みを帯びたデザインを採用することで、手に馴染みやすく、持ちやすい設計になっているようです。

    これは、昨年発売されたPixel 8のデザインを踏襲しており、ユーザーからの好評を受け継いだものと考えられます。

    ディスプレイサイズとカメラユニット

    リーク情報によると、Pixel 9のディスプレイサイズは6.03インチとされていますが、本体寸法 (152.8 x 71.9 x 8.5mm) から推測すると、実際は6.1インチに近いサイズになる可能性があります。

    加えて、先日発表されたGoogle Pixel 8aの画面サイズが6.1インチであることを考慮すると、その上位機種にあたるPixel 9が、Pixel 8aよりも画面サイズが小さくなるとは思えません。

    また、カメラユニットは背面から大きく出っ張っており、本体と合わせると厚みは12mmにも達するとのことです。

    これは、カメラ性能向上のための措置と考えられますが、デザイン面では好みが分かれるところかもしれません。

    Pixel 9 Pro

    pixel9 リーク

    2024年秋発売予定のPixel 9シリーズの中でも、Pixel 9 Proは特に注目度の高いモデルです。

    ネーミングからは前機種(Pixel 8 Pro)の改良版のように見えますが、実際には全く新しいコンセプトで設計されたスマートフォンと言えるでしょう。

    小型ボディにプレミアム機能を凝縮

    Pixel 9 Proは、従来、画面がデカい最上位モデルにのみ搭載されていたプレミアム機能を、小型の筐体に凝縮した点が最大の特徴です。

    SoC・メモリ/ストレージ・ディスプレイスペックなどの基本性能は、Pixel 9 Pro XLと同じ物が搭載されると言われています。

    Pixel 9との違い

    Pixel 9 Proの基本スペックはPixel 9よりも高く、おそらくPixel 9 Pro XLとほぼ同じスペックになる見込みです。

    似ている点では、Pixel 9 Proと廉価版のPixel 9は、本体サイズ (152.8 x 71.9 x 8.5mm) が同じで、デザインもかなり似ています。

    しかし、Pixel 9 Proはベゼルが薄いため、ディスプレイサイズは6.2インチほどになると予想されます。

    デザイン以外の主な違いは、望遠カメラの有無です。Pixel 9 Proには望遠カメラが搭載されていますが、Pixel 9には搭載されていません。

    その他にも、性能やバッテリー容量などの違いがある可能性がありますが、現時点では詳細な情報が公開されていません。

    今後、さらなる情報がリークされれば、背面ガラスの質感 (光沢仕上げ vs つや消し仕上げ) など、Pixel 9 ProとPixel 9のより顕著な違いが明らかになるかもしれません。

    Pixel 9 Pro XL

    pixel9 リーク

    Pixel 9 Pro XLは、昨年のPixel 8 Proの後継機と言える正統進化モデルです。

    リーク情報によると、本体サイズは162.7 x 76.6 x 8.5mmで、厚さ以外はほぼPixel 8 Proと同じデザインを採用しているようです。

    ディスプレイは6.7インチ?

    一部の情報では、Pixel 9 Pro XLは6.5インチのディスプレイを搭載すると予測されていますが、これはおそらく測定方法に誤りがあると思われます。

    Pixel 8 Proと同じく、6.7インチの大画面ディスプレイが搭載される可能性が高いです。

    カメラとデザイン

    カメラに関しては、Pixel 9 Proと同様に、トリプルレンズ構成でカメラユニットのデザインが刷新されています。

    本体の厚さはPixel 9 ProやPixel 9と同様に8.5mmになり、最近のフラッグシップの中では薄い部類に入りますね。

    Pixel 9 Pro XLは、Pixel 8 Proの性能を継承しつつ、カメラやデザインを改良した大画面スマートフォンです。

    大画面で高性能なスマートフォンを求めるユーザーにとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

    Pixel 9 Pro Fold (Pixel Fold2)

    pixel9 リーク

    名称変更の可能性

    Android Authorityによると、Googleは最近までPixel 9 Pro Foldを「Pixel Fold 2」と呼んでいたようです。

    最近になって呼び方をPixel 9 Pro Foldに変えたようですが、現時点では正式な名称はハッキリとはわかっていません。

    あくまで、現時点で最も有力なのが「Pixel 9 Pro Fold」なのだそうです。

    デザイン変更で背面ディスプレイ縮小

    Android Authorityがリークした実機画像によると、Pixel 9 Pro Foldは初代Pixel Foldと比べて背面ディスプレイの面積が小さくなり、開いた状態のディスプレイは正方形に近い形状になるとのことです。

    この変更により、Pixel 9 Pro FoldはPixel FoldとSamsung Galaxy Z Fold 5の中間的なサイズになり、OnePlus Foldに近い大きさになる可能性があります。

    Tensor G4で処理速度と電力効率改善?

    pixel9 リーク

    Google Tensor G4搭載でパワーアップ

    Google Pixel 9シリーズは、次世代チップ「Google Tensor G4」を搭載し、処理速度と電力効率の向上が見込まれます。

    FNN Newsの報道によると、Tensor G4はSAMSUNGの4nmプロセスを採用しています。

    処理速度と電力効率の鍵は「FOWLP」

    性能向上と省電力化を実現する鍵となるのが、最先端のパッケージング技術「Wafer Level Packaging (FOWLP)」の導入です。

    従来の技術と比べて、チップ内部の信号伝達速度と発熱耐性を向上させ、マルチコア性能と全体的な効率性を大幅に向上させることが可能です。

    半導体業界に詳しいリーカーのRevegnus氏は、「FOWLPは放熱を改善し、電力効率と性能を同時に向上させることができる」と解説しています。

    SAMSUNGのExynos 2400もFOWLP技術を採用しており、特にゲームなどの負荷の高いタスクにおいて高い評価を得ています。

    Pixel 9シリーズも同様に、FOWLP技術の導入により、ゲーミング性能が大幅に向上し、よりスムーズな操作と長時間のプレイが可能になることが期待されます。

    カメラはソフトウェアに注力

    pixel9 リーク

    現時点では、Pixel 9シリーズのカメラの詳細スペックは明らかになっていませんが、Pixel 9 ProとPro XLに関しては、メインカメラ・超広角カメラ・望遠カメラのトリプルカメラ構成であることは確実です。

    ただし、Pixel 9 Proの望遠カメラは、より高性能なPixel 9 Pro XLなどに搭載される望遠カメラよりも性能が低い可能性もあるとのことです。

    また、ハードウェアを前機種のPixel 8シリーズと比較すると、Pixel 9シリーズはイメージセンサーのラインナップが若干変更される可能性がありますが、大幅なアップグレードは期待できないとしています。

    Pixel 9シリーズのメインカメラには、SAMSUNGのISOCELL GNKが継続採用される可能性が高いようです。

    イメージセンサーなどのハードウェアスペックよりも、AI機能やソフトウェア処理の向上を目指す方向に注力していくと考えられます。

    Pixel 9 Proの実機がリーク

    ロシアのサイト「Rozetked」は、今後発売予定のPixel 9 Proの全方位を捉えた実写画像を公開しました。

    この画像から、Pixel 9 Proのデザインとスペックの情報を読み取ることができます。

    デザイン

    • 背面カメラユニットは丸みを帯びた新しいデザインで、マット仕上げ。Pixel 8 Proよりも洗練された印象。
    • フレームはPixel 8 Proの丸みを帯びた側面よりもかなりフラットだが、前面と背面パネルのガラスに接する部分はわずかに湾曲。
    • 右側の切り欠きはSIMカードトレイに置き換えられ、位置は左側だったものから移動。マイク用の切り欠きは廃止され、1つの穴に変更。
    • 角部分はPixel 8シリーズよりもさらに丸みを帯び、Apple iPhone 15シリーズに近いデザイン。

    スペック

    • ファストブートメニューから、128GBのSAMSUNG製ストレージと16GBのMicron製LPDDR5 RAMを搭載していることが判明。
    • トリプルカメラであることは確実だが、詳細なスペックは不明。

    128GBストレージはおそらく一番下のベースモデルであると思われ、256GBや512GBのオプションも発売する見込み。

    また、メモリ規格が旧型のLPDDR5を採用しているようですが、これはプロトタイプなので、実際にはLPDDR5Xの可能性が高いはずです。

    Pixel 8aのメモリ規格ですらLPDDR5Xを採用しているので、上位モデルのPixel 9 ProがPixel 8aよりも下位グレードのメモリを搭載するなど、とてもじゃないですが考えられません。

    Pixel 9シリーズはいつ発売? 価格は据え置きかも

    2024年秋に発売予定のGoogle Pixel 9シリーズ、その価格予想は現時点では難しい状況です。

    なぜなら、Google自身もまだ価格を確定していない可能性が高いからです。しかし、過去の傾向やリーク情報などを基に、ある程度の推測は可能です。

    まず、Pixel 8aの価格が499ドルで据え置かれたことを考えると、Pixel 9の価格は650ドルから700ドルの間(10万円~11万円)になる可能性が高いでしょう。

    Googleは、Pixel 9がaシリーズよりも上位機種であることを明確にする必要がありますが、同時に価格が高すぎるとProモデルとの差別化が難しくなります。

    Pixel 9 Proの価格は800ドル程度(12.4万円)になると予想されます。一方、Pixel 9 Pro XLは1,000ドル(15.5万円)の価格帯を維持する可能性が高いです。

    しかし、Googleがこの3機種展開を機に価格帯を引き上げる可能性も排除できません。

    その場合、Pixel 9は800ドル、Pixel 9 Proは1,000ドル、Pixel 9 Pro XLは1,200ドルとなる可能性があります。

    これは、Googleの主なライバルであるSAMSUNGやAppleの価格帯に近いものです。

    現時点ではあくまでも予想であり、発売に向けて情報が更新されるにつれて価格は変動する可能性があります。

    より具体的な情報は、今後のリークなどを参考に判断していく必要があるでしょう。

    参考 : www.androidpolice.com / twitter.com/OnLeaks / www.androidauthority.com

    よかったらシェアしてね!
      目次