【正式発表!】Xiaomi 12 スペック・価格・発売日まとめ!

Xiaomi
この記事は約4分で読めます。

スペック・価格・発売日

OSAndroid 12
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM8GB-12GB / 128GB-256GB
メモリ規格LPDDR5 / UFS 3.1
ディスプレイ6.28インチ / FHD+ / AMOLED / 120Hz
カメラ50MP / 13MP / 5MP
(広角/超広角/マクロ)
インカメラ32MP
バッテリー / 充電速度4500mAh / 67W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量180g
防水防塵規格非対応
対応バンド 5Gn1 / n3 / n5 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B26 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
対応バンド 3GB1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
Antutu1,020,000点
価格66,700円
発売日2021年 12月31日

Snapdragon 8 Gen 1搭載

xiaomi mi12

Xiaomi 12 (Mi12)ではSnapdragon 8 Gen 1を搭載。Antutuベンチマークスコアは100万点を超えており、Android向けSoCとしては現状最強の性能を誇ります。

前世代のSnapdragon 888 (Mi 11) と比べて20万点ほどスコアアップし、性能差は圧倒的。

発熱を抑えきれるのか…

xiaomi 12 価格

Snapdragon 8 Gen 1では、性能が上がった分だけ発熱問題が深刻化

同じSoCを搭載している “Motorola Edge X30” では、「高負荷時にかなり温度が高くなる」といった報告があります。

あまり温度が高くなるとサーマルスロットリングが発生するため、せっかくパフォーマンスが高くても、その性能を十分に活かせないことがあります。

さらに、Xiaomi12はハイエンドスマホとしては珍しく 6.28インチのコンパクトサイズ。

冷却システムの大きさも必然的に小さくなってしまうため、Snapdragon 8 Gen 1の発熱を抑えきれるのか懸念されています。

(Xiaomi 12で実際に発熱問題が発生しているか否かは、ユーザーレビューを待つしかありません)

687億色に対応したディスプレイ

xiaomi 12 発売日

Xiaomi 12は6.28インチのコンパクトなディスプレイを搭載。

AMOLEDパネルを採用し、リフレッシュレート120Hz12bitカラーも対応しています。

今までは10bit (10億色) が最高値でしたが、Xiaomi 12の登場で色深度の最高値は12bit (687億色)まで引き上げられました。(スマホ市場に限る)

10bitカラーと比較して 色の幅は約64倍と、圧倒的に色再現性が高くなっています。

カメラ性能強化

xiaomi12 スペック

Xiaomi 12は50MP(広角)+13MP(超広角)+5MP(テレマクロ)のトリプル構成で、主にメインカメラがスペックアップしています。

イメージセンサーはSONY IMX766を搭載、センサーサイズ1/1.56インチピクセルサイズは1.0μm

4in1ピクセルビニングに対応しているため、ピクセルサイズは2.0μmに大きくなり、画素数は実質12.5MPで映像を出力。

ピクセルサイズは大きければ大きいほど光を多く取り込め、特に低照度性能に大きな影響を与えます。

Xiaomi 12のピクセルサイズは 前世代の「Mi 11」よりも25%大きく、より優れたソフトウェア処理も相まって、低照度性能は大幅に改善しました。

また、Xiaomi 12は同価格帯の他機種より短い露光時間でも、明るくノイズの少ない写真撮影が可能とのこと。

まとめ

Xiaomi 12の良いとこ悪いとこ

良いところ
・現状最強SoC搭載
・6.28インチのコンパクトサイズ
・12bitカラー対応
・高性能カメラ搭載
・67W急速充電対応
・軽量な本体

悪いところ
・特になし


参考 : www.mi.com

xiaomi 12 日本発売日 / mi12 / xiaomi mi12

この記事は参考になりましたか?