【正式発表!】Xiaomi 12 Pro スペック・価格・発売日まとめ!

Xiaomi
この記事は約4分で読めます。

スペック・価格・発売日

OSAndroid 12
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM8GB-12GB / 128GB-256GB
メモリ規格LPDDR5 / UFS 3.1
ディスプレイ6.73インチ / WQHD+ / LTPO AMOLED / 120Hz
カメラ50MP / 50MP / 50MP
(広角/超広角/望遠)
インカメラ32MP
バッテリー / 充電速度4600mAh / 120W
生体認証指紋認証 / 顔認証
重量205g
防水防塵規格IP68
対応バンド 5Gn1 / n3 / n5 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
対応バンド 4GB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B26 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
対応バンド 3GB1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
Antutu1,070,000点
価格84,700円~
発売日2021年 12月31日

Snapdragon 8 Gen 1搭載

mi12 pro

Xiaomi 12 Pro (Mi12 Pro) はSoCにSnapdragon 8 Gen 1を搭載し、Antutuスコアは107万点。

このスコアは現状トップであり、前世代のSnapdragon 888よりも20万点ほどスコアアップ。

しかし、Snapdragon 8 Gen 1は性能が高くなった分だけ発熱も高いため、より強力な冷却が必要となります。


そこで、Xiaomi 12 Proは2900㎟の巨大なVCヒートシンクを搭載。

爆熱SoCがサーマルスロットリングを起こさないよう、巨大なヒートシンクが効率よく排熱します。

687億色対応ディスプレイ

xiaomi mi12

Xiaomi 12 Proは6.73インチのLTPO AMOLEDパネルを採用、リフレッシュレート120Hzもサポート。(リフレッシュレートは120-10Hz可変式)

そのほか、E5素材Dolby Vision10bitカラーに対応するなど、最高峰のディスプレイスペックを誇ります。

トリプル50MPカメラ

xiaomi 12 スペック

Xiaomi 12 Proはカメラ性能も最高峰で、50MP(広角)+50MP(超広角)+50MP(望遠)のトリプル構成。

メインカメラのイメージセンサーはSONY IMX707を搭載しており、センサーサイズ1/1.28インチでピクセルサイズ1.22μm。

4in1ピクセルビニングを実行し、ピクセルサイズは2.44μm、画素数12.5MPの映像を出力します。

また、Xiaomi 12 Proは夜景モードのソフトウェア処理が強み。

ただ明るい写真にするのではなく、適度に光量とコントラストを調整することで、不自然さの無いナチュラルな写真に仕上げることが可能。


動画撮影性能も優れており、Xiaomi 12 Proは「ナイトアウルビデオ(夜梟動画撮影)」に対応。

ナイトアウルビデオでは、低照度条件下でも動画の明るさを上げつつ、ノイズも減らすことができます。

ナイトアウルは写真撮影時にも使うことができ、従来の夜景撮影よりも優れたHDRを実現しています。

xiaomi 12 発売日

超広角カメラ・望遠カメラにはSAMSUNG ISOCELL JN1を搭載。

センサーサイズ1/2.76インチ、ピクセルサイズ0.64μm。

メインカメラと同じく4in1ピクセルビニングに対応しているため、ピクセルサイズは実質1.28μm、画素数12.5MPで映像を出力。

ピクセルビニングに対応したおかげで、より優れた低照度性能・HDR性能などが期待できます。

ちなみに望遠カメラの光学ズーム倍率は2Xと、価格の割にはかなり微妙。(Xiaomiによれば、望遠カメラはズーム用では無く、ポートレート用とのこと)

まとめ

Xiaomi 12 Proの良いとこ悪いとこ

良いところ
・現状最強SoC搭載
・WQHD+高解像度ディスプレイ
・10bitカラー対応
・トリプル50MPカメラ搭載
・120W急速充電対応

悪いところ
・ずっしり重たい


参考 : www.mi.com

この記事は参考になりましたか?