【発売が遅れるかも?】iPhone 14シリーズで今わかっていること

Apple
この記事は約4分で読めます。

iPhone14シリーズのリーク情報まとめ

iPhone 14 / 14 Max

iphone14 リーク

iPhone 14シリーズでは、不人気な “mini” を廃止。画面がデカい「14 Max」がminiに変わって登場します。

画面サイズはiPhone 14が6.1インチ、14 Maxは6.7インチ。

また、リフレッシュレート120Hz(可変式)、LTPO OLEDなどなど、ディスプレイスペックは大幅に引き上げられます。


SoCは最新のA16 Bionicを搭載。

ライバルのSnapdragon 8 Gen 1+(仮名)、Dimensity 9000などを上回る性能が予想され、さらには省電力性にも優れているでしょう。

AppleのSoCは特にGPU性能が高く、A16 Bionicのパフォーマンスにも期待が高まります。

※おそらく、14 / 14 MaxのA16はPro / Pro Maxの物より少し性能が低い


その他の部分は大きな変更は無いようで、例えばカメラのハードウェアは13 / 13 miniとほぼ同じ。

イメージセンサーは変わるかもしれませんが、大幅なスペックアップとは言い難いです。

iPhone 14 Pro / 14 Pro Max

iphone14 発売日

iPhone 14 Pro / Pro Maxは画面サイズがそれぞれ6.1インチ・6.7インチ。

ディスプレイスペックは14 / 14 Maxと同じですが、ノッチでは無くパンチホールを採用。

ノッチよりはサイズが小さくなるものの、Androidのパンチホールに比べればかなりデカいことがわかります。

しかもパンチホールのデザイン…正直メチャクチャダサいです。

SoCは同じくA16 Bionicを搭載していますが、14 / 14 MaxよりもGPUコアが多い、ハイパフォーマンスモデルになる可能性があります。

その分性能も高くなるため、ゲームや重い作業を頻繁に行う方はPro / Pro Maxがおすすめです。


カメラ性能は大きく向上し、メインカメラには48MPの高画素イメージセンサーを搭載。

センサーサイズは1/1.3インチ台と非常に大きく、ピクセルサイズ1.2μm以上。

4in1ピクセルビニングを実行するので、画素数実質12MP・ピクセルサイズ2.4μm以上で写真を出力します。

ピクセルサイズが大きくなったことにより、高輝度耐性や低照度性能の向上が期待できます。

ちなみに、超広角・望遠カメラのスペックに大した違いは無い模様。

発売日はいつ?

ここ数年間のiPhoneは9月下旬に発売されることが多く、iPhone 14シリーズもこれと同じくらいの時期になる可能性が高いです。

しかし、深刻な半導体不足の影響により、iPhone 14シリーズの発売が通常よりも遅くなるかもしれません。

中国のロックダウンも相まって、最悪の場合、iPhone 14シリーズの初期ロットは600万~1000万台少なくなる見通しです。

USB-C・指紋認証は…

AppleがiPhone用USB-Cを開発中であるといった情報がありますが、残念ながら、iPhone 14シリーズでUSB-Cを搭載する可能性はほぼ無いようです。

USB-CはiPhone 15シリーズから搭載する見込みで、そこが気になる人は15シリーズを待ちましょう。

また、指紋認証システムも搭載しません。(指紋認証は15シリーズも非搭載のはず)


参考 : macrumors.com / twitter.com / sparrowsnews.com

iphone14 / iphone14 リーク / iphone14 発売日

この記事は参考になりましたか?